【結果発表】己の怠惰を誇れ!汚い部屋No.1決定戦!

 

あれから何年経っただろうか?

 

私たちはもう、あの日のことを思い出すことはできないが、

 

誇った怠惰を忘れることはないだろう。

 

 

世界の脳裏に焼き付けられるNo.1の称号は、決して朽ちることはないだろう。

 

 

それぞれが刻んだ怠惰の魂は、決して輝きを失うことはないだろう。

 

 

千年経とうとも、二千年経とうとも、1部屋1部屋の物語が潰えることはない。

 

 

 

 

 

誇ろうではないか

 

 

 

 

 

誇り、称えよう

 

 

 

 

 

「己の怠惰を誇れ!汚い部屋No.1決定戦!」の審査が終了しました。

 

国際ルールに則り、絶対音感の持ち主1人と絶対味覚の持ち主2人を審査員に加え、審査を実施しました。

 

 

審査基準は以前提示した通り、

・純粋にモノで散らかっていることを評価

・ゴミなどの不衛生・不愉快な部分は減点

・部屋の汚れ方に統一性やテーマが見られるものについては加点

 

 

まだご覧になっていない方は先にこちらよりご移動ください。

 

 

 

それでは「己の怠惰を誇れ!汚い部屋No.1決定戦!」ベストジーニスト賞を発表します。

 

 

 

 

 

 

【ベストジーニスト賞】「恋するウサギちゃん」さん!!

 

作品はこちら

 

恋するウサギちゃん さん

「カリフォルニア」

お盆明けの社畜の部屋です!

掃除する気力は会社に置いてきました!!よろしくお願いします
 

 

 

 

 

いかがでしょうか?

 

 

評価のポイントとしては、「まず純粋に散らかっている!」

 

そして「不衛生ではない(おそらく)!」

 

そして、モノが多く狭い部屋に堂々とルームランナーを置く「部屋のテーマ!」

 

 

 

目をみはるパフォーマンスですね。

 

 

テレビの横に寝袋が積んでありますが、ルームランナーの影響で安眠スペースが確保できていないのでしょうか。

 

 

唯一の減点ポイントは、室内にルームランナーに関係のないものが多すぎる点でした。

これは審査員満場一致の減点となりました。

 

 

 

ベストジーニスト賞に輝いた

「恋するウサギちゃん」さんにはこちらの記念品を授与いたします。

 

 

 

こんな感じの質感のキャンバスです!!

 

「自分の部屋」に「自分の部屋の写真」をかざっている人はそうそういないと思いますが素敵ですね!

しかも、そこそこのサイズのキャンバスで!

 

 

 

立てかけるためのスタンドとご一緒にお贈りします。

 

もちろん、壁に掛けても結構ですし、床に放り投げえて部屋の肥やしにしても結構です。

 

 

 

 

こちらの記念品を加えて、さらにルームランナーに特化した部屋を目指すことを願わせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

それではまた、皆さまの部屋が汚れた頃にお会いしましょう。

 

 

さようなら!